ホームページへ戻る
| 下に表示されるサブメニューから選択して下さい| 書籍目次 | 解説例 | ご注文 | 歌碑 | 正誤表 | 著者紹介 |




○本書の読者へ

 本書は、野村流音楽協会発行の声楽譜附工工四に沿って解説してあります。野村流古典音楽保存会発行の工工四も同じく伊差川世瑞・世礼国男共著の工工四に基づいているから、用いている符号などに若干の工夫が施されているだけで歌は同じであります。原本である野村流音楽協会の工工四に沿って説明したほうが世礼国男著「琉球音楽楽典」と符合すると考えます。

 工工四の各節の解説では、最初に工工四に記載された通りに歌を記し、それにローマナイズで一音づつ区切って読みをつけました。次に意味が取りやすいように漢字かな混じりの歌に書き換えて表示し、さらにハヤシも入れて実際に歌う通りの仮名で表示し、三通りに表記してあります。次いで歌の意味、語句の意味を必要に応じて記してあります。以上を基本にしてその他曲想、歌の時代的背景などを書いてあります。なお、各節の本歌はひらがなで綴ってあっても、後の替え歌は漢字混じりで殆んど書かれてあるのでそのような場合にはさらに漢字交じりを付け加えるのは省略してあります。

 琉歌には拗音が多く用いられます。「謡い仮名」として示した歌には、小文字で添えてあるから判読できると思います。ローマナイズのつづりでは一音一音区切ってあります。スペルが一綴になっているのは一音で謡うことを示します。ハ行の表記に悩みました。花は軽いF音が残っていますがha naと記してあります。軽いF音を意識してください。喉頭破裂音の発音要領は本書の「上巻辺野喜節」の項で説明してあります。


ホームページへ戻るホームページへ戻る

連絡先: info@fushiuta.biz
Copyright©2003-2014 Yoneo Oshiro All Rights Reserved.